2010年5月27日木曜日

走りたい方のために、City Run情報

5月16日(日)に開催された、第33回”Cleveland Marathon, Half Marathon & 10K"は、記録破りの1万5千人を超える参加者でした。コースはダウンタウンの9thストリートを出発して東西の平らなコースを湖から風に吹かれながら走る、とても気持ちのいいコースです。

市民ランナーが増えているのを反映して、こういう大きなレース以外にも地域で毎週のようにレースがあり、その数は空前の勢いで増えています。オハイオのレースイベント情報はこちらです。
Ohio Runner: http://www.ohiorunner.com/calendar/ 

街中を走るレース、森のなかを走るレース、平らなコース、上り下りに挑戦するコースなどコースだけでもさまざまで、それを楽しみに違うレースを次から次へと走っている人たちもいます。こんな感じで、参加者が増えているので定員にもすぐに達してしまいます(特にハーフマラソン)。

来年の「クリーブランドマラソン、ハーフマラソン、10k」のレジストレーションもすでに始まっています。http://www.clevelandmarathon.com/Registration

どのレースも、走ってみたい場合は早めの登録が良さそうです。今年、クリーブランドマラソンくらいだと定員にはならないだろうと登録を先送りしていた人たちの多くが、ウエイティングリスト入りすることになりました(それで前日に抽選会がありました!)。早めですと、参加費用も安くなります。ただ、中止した場合、返金はありません。

私は10kを走りました。長距離ランナーではないので自信がなかったのですが、参加してみてわかったことは、「走れるか走れないか」ではなく、ともかくも走るということが大事なのだということです。もちろんハーフマラソンやマラソンはそんな調子ではとてもむりですが・・・。ランナーの意気込みや緊張、応援してくれる人たちの声など当日の雰囲気は、経験に値するすばらしいものです。

2010年5月24日月曜日

Fundraising for Cooperstown Dreams Park Youth Baseball Tournament

毎年6月から約12週に渡ってNY州のCooperstownというところで野球のトーナメントが開かれます。これはその年に12歳になる少年だけが参加できるトーナメントで、全米各州から1,000以上のチームがエントリーします。
各チームのこどもたちはトーナメントに参加する週(約1週間)を、他の州のチームとともに寮で生活をしながら交流を深め、そして試合に臨みます。これは、これから巣立ちを迎える少年たちにとって、すばらしい経験、思い出となるはずです。
わが息子のチームも7月に参加しますが、この遠征のためのFundraisingとして、Garage Saleを予定しています。
日時は6/10(木)と12(土)、時間は未定ですが、朝早いうちから始めたいと思っています。
チームメートの家庭やサポートしてくれる方から寄付されたものをSaleします。ソファやBBQグリルセットなどあまり細かなものではないものをメインに売る予定です。
場所はBay Village
詳細をご希望の方は「連絡フォーム」にてコンタクトしてください。
また、寄付も受け付けています。ご家庭で不要になったもので処分してしまいたい!というものがありましたらご連絡ください。できる範囲内で取りにうかがうつもりです。

2010年5月20日木曜日

Landscape Fair & Plant Sale

クリーブランドでは、メモリアルデーが一年草やハーブ類、トマトなど真夏の野菜を安心して外に植えることができる日の目安です。

その週を前に、今週末5月22日(土)、23日(日)午前10時から午後4時まで、Cleveland Botanical Gardenでランドスケープフェアとプラントセールがあります。必ずしも値段が安くはないものもありますが、当地のプラントファームから届くお花やハーブ類はとても元気いっぱいで、めずらしい品種のものもあり、見るだけでもたいへん楽しめます。

また、庭のアイディアや植物の問題点などに専門家が気軽に答えてくれます。庭や植物の写真、庭のレイアウトの絵などを持っていって相談されてみてはいかがでしょうか。

Cleveland Botanical Garden 2nd Annual Spring Landscape Fair & Plant Sale:
http://www.cbgarden.org/Landscape_Fair_and_Plant_Sale.html

2010年5月15日土曜日

2010年 さくら植樹記念ピクニック

昨日、役員会で6月6日に行われる植樹記念さくらピクニックの詳細が決まりました。 詳細は以下の通りです。
The following are the details for the 2010 JANO Sakura Picnic.



2010年 JANO 植樹記念さくらピックニックはポットラック(持ち寄り)形式です。何か一品5−6人分量のアペタイザー、メインディッシュ、サラダなどをお持ちください。和食である必要はありません。 なお、昨年はデザートが多くなってしまいましたので、メインディッシュ大歓迎です。ビール、水、ソフトドリンクと氷はJANOで準備いたします。
The JANO Sakura Picnic is a potluck picnic so please bring an food item for 5-6 people. Last year, we had too many deserts and not enough food, so if you can,please bring a main dish. Beer ($1), water, soft drinks and ice will be provided by JANO.

お知り合い、会社の同僚の方なども大歓迎です。上記のフライヤーを学校、職場などに貼っていただける場合は、以下のパワーポイントかPDF版をお使いください。
Please invite your friends and work colleagues. You can use the fliers below to post at schools and work places if you are interested.



PPT 2010桜植樹記念ピックニック フライヤー PPT JANO Sakura Picnic Flier

PDF 2010桜植樹記念ピックニック フライヤー PDF Janosakura Picnic Flier
では、当日皆様にお目にかかれるのを楽しみにしています!
Map to Brookside Reservation Pavillion


View Larger Map

2010年5月13日木曜日

2010年5月4日火曜日

クリーブランド補習校 図書バザーのお知らせ

来る5月15日(土)に、図書バザーを下記の要領で開催しますのでご案内致します。
バザーでの販売図書は、従来通り皆様から事前に回収させていただく図書を対象としますので、皆様方の積極的なご協力をよろしくお願い致します。


  1. 回収図書
    (1)回収日:5月1日(土)、5月8日(土)、5月15日(土)
    回収時間:午前9:00~10:00(回収時間の厳守をお願いします。
    回収場所:クリーブランド日本語補習校(Regina High School)カフェテリア

    (2)バザー対象図書:
    1. 本(マンガ本含む) 
      注:ガイドブック(観光、留学、アメリカ生活関係など)は発行後3年以内のもののみチケットと交換します。
    2. CD(音楽、パソコンソフト)  *コピー品は除外します
    3. ビデオ/DVD          *コピー品は除外します
    注:本校から無償でお配りした古書(“Free” のスタンプが押してあります)は回収対象外です。
    (3)チケットとの交換 回収と同時にチケットと交換いたします。 <チケット交換枚数>
    • 本:チケット1枚
    • CD、ビデオ/DVD: チケット4枚
    • 注:雑誌/週刊誌/月刊誌類はチケットなしでお引取りします。
  2. 図書バザー
    (1)バザー日時:5月15日(土)13:00~13:30
    (2)場所:クリーブランド日本語補習校(Regina High School)カフェテリア
    (3)価格:本:1冊につきチケット1枚(または1冊50セント)
          CD、ビデオ/DVD: 1本につきチケット4枚(または1本2ドル)
          雑誌/週刊誌/月刊誌類: 無料

  3. 注意事項
(1)本の取り置きはいたしません。 (2)あらかじめ小銭、購入した本を入れるバッグなどをご用意ください。

2010年5月2日日曜日

Amish Countryで会いましょう、オハイオ州の宝発見

昨日、「Amish Countryで会いましょう」に子供を含め約27名の方にご参加いただきました。今回、オハイオ州に隠れていた宝をJANO役員橋本夫妻のおかげで発見することができました。 13時にWarthers Musuemの駐車場で集合しまして、ツアーガイドの方にご案内いただきました。  その後、タンポポ祭りに行ったり、Dutch Valleyレストランで食事したりと楽しい一日をJANOつながりの友人達と過ごすことが出来ました。 

もともとは、僕が通訳する予定でしたが、ツアーガイドの方は大きな声でゆっくり説明してくれましたので、通訳はあんまり必要ありませんでした。 



この博物館はErnest “Mooney” Wartherがカービング(彫刻)したものが沢山展示されています。ツアーガイドの方は、親戚にあたるそうで、もう37年間この博物館で働いているそうです。 ものすごく細かい歴史、出来事など知っているだけでなく、ご自身で経験しているわけです。 

最初は、博物館に入ると思っていましたが、今年6月8日にグランドオープンニングが予定されているWarther氏の家も特別に案内していただきました。 Warther氏はドーバーにあったスチール工場に働いていた労働者ということで低所得者階級だったそうです。小学2年生の時、牛を監視する仕事をはじめ、14歳からスチール工場で働き始めました。 17歳の時にレイオフされ、収入を得るため、ナイフを近所の奥様たちのために作り始めました。いまでもこの博物館内にナイフ工場もあり、家族で事業を継続して運営しています。 この工場のナイフはギフトショップで購入することも出来ますし、オンラインでも販売しています。 この手づくりのナイフに興味のあるかたは次のURLへどうぞ:http://www.warthercutlery.com/catalog/

でも、なんと言っても、Warther氏が彫刻で作った電車モデルはすごいもんです。一番長いものが8フィート(約3メートル弱)、一番複雑なモデルは1万部品以上で構成されていて、一切のりを使わず出来ています。 それに鐘や他の細かなパーツが動いていて、もちろん車輪も動きます。とにかく繊細な出来です。 

Warthers Musuemのを後にしてタンポポ祭りに行きました。 この祭りはBreitenbach Wine Cellars主催したイベントで顧客に「お礼」として行われているものです。 ワイナリー工場をオーナー自らご案内して頂き、プロセスの説明をしていただきました。 その上、タンポポワイン試飲までご提供いただきました。 このワイナリーでAmishの方々が集めたタンポポを使ってワインを造っているだけではなく、赤ワイン、白ワインも作っています。 全米地域から葡萄を仕入れして造っているそうです。もちろん、オハイオの葡萄を使用しているワインもあります。 こちらも、オンラインで購入することが出来ます:http://www.breitenbachwine.com/wine_store.html

最後にDutch Valley Restaurantで夕食を頂きました。 レストランは非常に混んでいて、長い行列ができていました。それでもそんなに長く待つことなく食事ができました。 とにかく大きなレストランでした。 そうして食事が終わったら解散しました。

オハイオ州に生まれ育った僕にとって、遠い日本から来た橋本夫婦からこの宝を紹介していただいたことに感謝の気持ちで胸がいっぱいです。 この宝をさらに日本人だけではなく、やはりオハイオ州に住んでいるアメリカ人にも知らせたいと思うほど感激しました。 そして、僕が勝手に呼んでいるこのJANO 楽なオハイオ発見ツアー・シリーズをさらに実施したいです。 Stan Hywet Hallとか、もちろんクリーブランドのユニバーシティサークル周辺など、オハイオに隠れている宝をJANO会員およびその友達と見に行きたいですね。