2020年3月31日火曜日

2020年3月24日火曜日

【コロナウイルス(COVID-19)関連情報】コロナウイルス(COVID-19)オンラインスクリーニングについて

先日、コロナウイルス(COVID-19)専用サイトについてご案内しましたが、自分が感染しているのではないかと不安を感じる場合は、無料のCDC(Centers for Disease Control and Prevention:アメリカ疾病予防管理センター)のオンラインスクリーニングをご利用ください。


旅行歴や症状など幾つかの質問に画面上で答えて頂くとコロナウイルス感染リスクのレベルが判定され、適切な医療ケア―を推奨されます。

アメリカの医療機関は、必要な患者さんには通訳(Language Services)を提供するのが原則ですので、言語サポートについては直接病院へお問いあわせ下さい。


また、本会ウエブサイト生活情報にてコロナウイルス(COVID-19)関連情報を随時アップしておりますので、ご参照ください。http://www.janosakura.org/

2020年3月22日日曜日

【コロナウイルス(COVID-19)関連情報】オハイオ州自宅待機要請

本日、オハイオ州DeWine知事より自宅待機要請が発動されました。正式な実施期間は、2020年3月23日午後11時59分から4月6日(現時点)までです。
以下に当てはまる事項は例外とされます。またEssential(必要不可欠な)ビジネス(業種)リストもご参考ください。
要約すると基本的には自宅待機すること、ただし必要不可欠な外出(以下リスト参照)については可能です。
近所を散歩したり、ナショナルパークやレクリエーションセンターの外公園に行くことはできますが、遊具プレイグラウンドは使用できません。また家族・同居人以外の人とは6フィート(約1.8メートル)のSocial Distanceをあけて行動してくださいとのことです。

Director's stay at home order

1.Sanctuary activity 聖職活動
2.Health and safety 健康・安全に関する行動 ハイキング・散歩・自転車・ランニング実施可 
3.Necessary supplies and services 必要品・サービス入手
4.Outdoor activity — playgrounds. however, are closed アウトドア活動 但し遊具プレイグランドは使用禁止
5.Work that is deemed essential 不可欠とみなされる仕事
6.To take care of others. (家族・親類・知人など)の介助


Essential businesses include but are not limited to:

Restaurants (carry-out and delivery) 飲食店(持ち帰り・宅配のみ)
Grocery stores 食料品店
Pharmacies 薬局
Food production 食品製造業
Beverage production 飲料製造業
Agriculture 農業
Licensed marijuana production 認可ドラッグ製造業
Charitable organizations 慈善団体
Social services organizations 社会福祉事業
Religious entities 宗教団体
Media organizations 報道組織
Gas stations ガソリンスタンド
Veterinary care 獣医
Businesses needed for transportation 輸送・運搬・交通業に必要な事業 (車ディーラー・修理店など含む)
Financial institutions 金融業
Insurance institutions 保険業
Hardware and supply stores ハードウェア供給業 (DIYストアなど)
Critical trades -- plumbing, HVAC, extermination, electricians, etc. providing services for residences and other essential business 修理業
Mail and delivery services 郵便・配達業
Educational institutions 教育機関
Laundry services ランドリー業
Home-based care and services 自宅介護・ヘルパー業
Hotels and motels 宿泊施設
Manufacturing 製造業
Residential facilities and shelters 老人ホーム・グループホームなど
Transportation 輸送・運搬・交通業
Funeral services 葬儀業


beginning Thursday all childcare or daycare centers must operate under a pandemic license. These centers are only permitted a maximum of six children per room. This order remains in effect until April 30 and may be extended if deemed necessary.

また特例認可のチャイルドケア・デイケアについては、引き続き預かりを受け入れ要請。ただし、1部屋につき子供6人までのケアとすること。この要請は必要であれば4月31日まで継続。

参考Newsサイト
●Fox8:https://fox8.com/news/coronavirus/ohios-stay-at-home-order-what-does-it-mean-for-me/
●Channel5:https://www.news5cleveland.com/coronavirus/gov-dewine-dr-amy-acton-issue-stay-at-home-order-for-all-of-ohio
●Channel19:https://www.cleveland19.com/2020/03/22/live-ohio-gov-mike-dewine-addresses-public-covid-spreads-through-state/

2020年3月19日木曜日

【コロナウイルス(COVID-19)関連情報】コロナウイルス(COVID-19 )専用サイトについて


コロナウイルスの蔓延で、世界中の様々なところで影響が出ています。正しい情報を入手することがとても大切です。(主治医がいらっしゃる方は)まずは主治医に電話・メールで連絡をし、指示を仰いでください。下記クリーブランド・クリニックのコロナウイルス専用サイトご参照ください。

上記サイトにも記載されておりますように、今後数週間の間に予約が入っているもののうち、優先順位の低い診察に関しては三ヶ月先まで延期することをオハイオ州内の全ての患者に推奨しています。但し、対面での診断が不可欠な場合の診断に関しては予約の通りに行うそうです。Cleveland Clinic Express Care® Online,  MyChart visits 、電話という非対面式のオプションもありますので、ご確認ください。
病院に行かれる際は、オハイオ州内での営業時間や案内が通常とは異なっておりますのでご注意ください。
診療時間:8時〜12時、16時〜20時。夜間診療はなし。

For questions, call the Ohio Department of Health's 24/7 hotline at 833.427.5634 (833.4.ASK.ODH) or the Florida Department of Health's 24/7 hotline at 866.779.6121
Cleveland Clinic patients can also call 855.697.3750.

----------------------------------------------------------------------------------

数日前に、日本人でコロナ専用サイトを利用された方がいます。あくまでも一例ですが、体験記を書いて頂いたので、お読みいただき今後皆様のご参考になれば幸いです。


「Cleveland Clinic Express Care Online を利用して」

  3月17日付のウェブサイトに掲載された『クリーブランドクリニックのコロナ専用サイト』にもあるように、診療機関ではコロナウイルスの拡散を防止するため、患者の受け入れにとても敏感になっています。私はCOVID-19の感染をを疑ったわけではありませんが、Cleveland Clinic Express Care Onlineを利用する羽目になってしまいました。参考になればと思い、利用体験を書いておきます。

  私は16日朝一番に、プライマリー・ケア・フィジシャン(PCP)に検診の予約を入れようとしました。検診の目的とは別に、喉に多少の痛みがあることを告げました。そうすると、予約を受け付けてもらえず、Cleveland Clinic か the Ohio Department of Healthに連絡するよう指示されました。COVID-19の疑い(熱や咳、喉の痛みなどの風邪の症状)が僅かでもあれば、診察の予約ができないとのことです。

  The Ohio Department of Healthには何度かけても繋がりません。私は、喉の痛みよりも重要な検診を早く受けたいので、「喉の痛みはCOVID-19のせいではないため、医療機関で受診しても大丈夫」だという証明をもらうため、Express Care Onlineよりも早い方法はないかと、Urgent Care、その他のあらゆるサイトを調べましたが、すべてOnline での診察に導かれます。
  また、Cleveland Clinicに「COVID-19のスクリーニングをして欲しい」と連絡してみると、Express Care Online で診察してもらって、スクリーニングの必要があるのかどうかを判断してもらった上で、ラボのオーダーを出してもらえると説明がありました。
Emargency は重症の患者以外は受け付けてくれないので、Online でまず診てもらう以外に方法はなさそうです。以下は簡単な手順です。


①アプリケーションをインストール
②サインアップ
③ログイン
 ・Express Careを選ぶ
 ・ドクターを選ぶ(待ち人数やドクターの専門分野などで選ぶ)
 ・必要事項を記入
  14日以内に海外旅行の有無
  COVID-19の患者に接したことの有無などの質問
  ファーマシー、病歴、薬、保険などの情報
④全部記入するとWaiting Roomに入れてもらえます。
⑤自分の順番がくると診察(私の場合、喉の痛みだったので、喉をカメラで見せたりしました。)
⑥医師から診察結果をもらい、必要であれば薬を出してもらえます。
「COVID-19の疑いがない」ことの証明が必要な場合、医師に確認の方法をキチンと尋ねることをお薦めします。(私の場合、彼女のオフィスの電話番号を受け取り、PCPにかけてもらうよう指示がありました)


 、、、と手順は簡単ですが、
15日の夜からデリバリー、ドライブスルーを除いて、レストランやバーがドアを閉めたこともあり、世間の人たちの警戒心も一層強まっているのでしょう。そのせいかCOVID-19についての問い合わせでオンラインがとても混雑していたようです。

  16日の朝、ログインして順番待ちです。
最初30人待ちぐらいだったのが、一桁になろうかという時、医師が消えて、もう一度ログイン。他の医師を選びます。(さっきまでの医師がオンライン上にいないのです)またデータの入れなおし。(病歴、ファーマシーなどについては最初のデータが残っていました)
次の医師を待ちます。待つ間、携帯で他のことをしていると、また医師がいなくなりました。また最初から、、、、こらが何度も続いたので、テクニカルサポートに電話しました。
これも待てど暮らせど繋がりません。スピーカーフォンにしたまま、「只今電話に出ることができません、、、」のフレーズがBGMになるほど聞き続けました。この間約2時間。
またオンラインに挑戦。夕方過ぎると医師の数が減る一方、患者さんの数は多くなっています。それでも何時間か待ちましたが、頭痛がしそうで、この日はリタイア。
PCPに診てもらうのが本来の目的なのに、それに必要な「COVID-19ではない」という証明確保のため丸一日費やしました。

  17日、朝一で再トライです。Online のドクターはわずか3人、その中で待ち人数の少ないドクターに予約を入れました。もう少しで自分の番というところで、アッ、また消えた。昨晩から繋がらないイライラを自分で抑えながら、またトライ。
今度は待ち人数が3人のNurse Practitioner がオンライン上に出現。結局彼女に診察してもらって、「COVID-19の疑い」も晴れ、めでたくPCPの予約が取れました。

  PCPに再度電話をかけて、「COVID-19の疑いはないから大丈夫です。医師の証明が必要ならば彼女に直接連絡してください」と連絡先を告げる前から、、、
「あ〜、Express Care Onlineで診てもらったのね、じゃ予約OKよ」
一日以上かけてこの結果をもらったのに、あまりにアッサリ言われると、気が抜けて疲れが一気に押し寄せてきました。

  私がOnline で診察してもらおうとしたのが、世間の人の気持ちがパニックに陥って、一番Online が込み合っていた時なのかも知れません。私を診察してくれたNPに前日からの経緯を話すと、テクニカルアップデートをしたから状況は良くなるハズだとは言っていましたが、時間帯やログインするタイミングで待ち時間や繋がり方も違ってくるのかもしれません。すぐには収まりそうにない問題ですが、一日も早く普段の生活に戻れることを願っています。







2020年3月15日日曜日

【コロナウイルス(COVID-19)関連情報】オハイオ州飲食店について

オハイオ州Dewine知事から州内のレストランおよびバーでの店内飲食サービス中止を3月15日(日)午後9時から実施というアナウンスがありました。ただし、宅配・持ち帰りについては対象外です。店内での食事についてはしばらくの間できないということになります。

参考ニュース
Channel 5:https://www.news5cleveland.com/news/continuing-coverage/coronavirus/gov-dewine-shuts-down-all-bars-and-restaurants-carry-out-still-allowed
Fox8:https://fox8.com/news/coronavirus/governor-dewine-to-give-update-on-state-response-to-coronavirus-26-confirmed-cases/
Channel 19:https://www.cleveland19.com/2020/03/15/ohio-gov-mike-dewine-says-he-may-shut-down-schools-rest-year/

2020年3月14日土曜日

【セール】ムービングセールのお知らせ

ムービングセールのお知らせが届きました。
ご興味がおありの方は売主様へ直接ご連絡ください。なお売買の際のトラブル等につきましてはJANOおよび掲載者に責任が発生しないことご了承ください。

連絡先 田中大輔
メール tana743@gmail.com
携帯電話 330-606-2193
居住場所 Hudson

2020年3月12日木曜日

【コロナウイルス(COVID-19)関連情報】オハイオ州 現地校休校

今週に入って大学のオンライン授業への移行がすごい勢いで決まりましたが、オハイオ州は月曜日から公立、私立、チャータースクールのK-12の春休みを決めました。現在のところ4月3日までとのことです。
また1か所での100人以上の集会も禁止となりました。空港、会社、ショッピングモール、病院、食料品店、レストランなどは現在のところ除外です。

参考サイト
Fox8:https://fox8.com/news/coronavirus/gov-dewine-bans-gatherings-of-100-announces-extended-spring-break-for-schools/