2015年6月4日木曜日

【アメリカサバイバル】車の購入と登録について

アメリカで車(新車/中古車)を購入する際の注意点と車の登録手続きについてまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

車の購入


ディーラーから購入する場合(新車、中古車とも)
2015年3月記


・購入を決める前に、Kelly’s Blue Bookで、興味のある車の(適性な)値段を調べておきましょう。
・アメリカに到着したばかり時期は、この国にcredit history(これまでの個人の信用情報)がないため、ほとんどの場合ローンを組むことができません。個人から中古車を購入する場合と同様、現金あるいは銀行のチェックでの一括払いとなります。
・気に入った車があれば、ディーラーの建物の周囲などを試運転しますが、そのために、運転免許証が必要です。この時免許証をコピーするといって無駄に待たされることもあるので、自分でコピーして持っていくと簡単です。
・車を購入することになったら、deposit(手付金)を払います。
・保険に加入する(保険に加入していないと車の運転はできない)際、車種と車両登録番号(VINナンバー)が必要です。
・保険証券番号はディーラーにもFAX(pdf)してもらうようにする方がその後の手続きがスムーズにいくと思います。


登録の手続き


購入すると仮のライセンスプレートがついています。
2週間ほどすると車のタイトル(所有証明書)が送られてくるので、車の所有者登録Vehicle Registration)をします。


車の登録(ライセンスプレートをもらう)はBureau of Motor Vehicle Office で行われます。お近くのDeputy Registrar Officeが開いている日時を確認してからでかけましょう。
ライセンスプレートと一緒にSticker(登録証明)を受けとります。
車の登録は、申請者の誕生日で切り替えられるので、毎年更新が必要ですが、事前にBureau of Motor Vehicle から登録書類が送られてきます。


登録に必要な書類
車のタイトル(所有証明書)は必ず必要です。
2007年よりオハイオ州の免許証もしくはオハイオ州IDがあればSSNの提示は必要なくなりました(逆に、オハイオ州免許証、IDがない場合はSSNとともに、住所を証明できるものー電話、ガスなどの請求書が必要)。参考:Acceptable Document List
登録料(現金、個人小切手、マネーオーダーなどで)を支払います。


車を譲り受けた場合は、タイトルを旧所有者から移行する手続きをします。タイトルを変更するときは、車のE-Check期限がきていないかどうかの確認が必要です。新車購入年(含め)から3年目、それ以降は2年に1回です。(例:2012年新車購入→2014年E-check要、その後は偶数年2016-2018-2020)オーナーの誕生日が更新手続き期限となります。


タイトルの移行 (How to transfer a Title)手続き


売り手:
タイトル(所有証明書)のTransferor’sのセクションをNotary Pubic (公証人) の前で事前に署名をしておきます。
Odometer Disclosure Statementに売買の際の走行マイルを記入します。
買い手からの支払いと引き換えにタイトルを引き渡します。


買い手:
タイトルを受け取り次第、Application for Certificate TitleのApplicantの項目を記入(空欄のタイトルを紛失すると、第三者に所有権の申請をされかねないため)します。
自動車保険に加入します。
自動車保険加入証明書タイトルを最寄りのTitle Officeに持参し、タイトルの変更手続きを行います。
登録料を支払います。


最寄りのDeputy Registrar Officeにて車の登録(ライセンスプレートをもらう)の手続きを行います。 注)上記(ディーラーから購入する場合)を参考




0 件のコメント:

コメントを投稿